スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年06月28日

ホタルの実験教室は大盛況!

6/27(日)三沢航空科学館で科学実験教室
「ホタルはなぜ光る!ホタルの光を手の中に」が開催されました。


今回のイベントは時期的にホタルが出てくる季節に開催する事も
あり事前予約があっという間に埋まってしまうかと思い気やface07・・・

イベントを企画して開催するだけでなく参加者を集めるのはそれ以上に大変な時もあります。
直前一週間でチラシの配布やメルマガ連発、関係機関への電話攻勢・・・
いやぁ久しぶりにあせりました大泣き

しかし案ずるより産むがやすし・・・当日にはたくさんの親子連れの方々に
参加してもらえましたface02

今回の講師の先生は「東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程」の
野村真未 先生です。


ホタルの光ってこんな感じ・・・ちょっと見えづらいかな・・・


参加した方々はみんな一生懸命に実験したり質問したり大いに楽しんでいたようです。
※やりがいを感じますface02


今回講師をして頂いた㈱リバネスとは今後「宇宙教育プロジェクト」を通じて地域の科学教育普及
のみならず地域の活性化にむけて連携していく事となりました。
これから様々な活動を企画していく予定ですので乞うご期待拍手
  


Posted by ホッキガイ at 17:22Comments(0)イベント

2010年06月26日

航空自衛隊のASDコンソ-ルを展示

この度当館では、航空自衛隊が我が国の防空に使用していた自動警戒管制組織、通称「バッジシステム」(BADGE:(Base Air Defense Ground Environment)System)が「ジャッジシステム」JADGE(Japan Aerospace Defense Ground Environment )System)に換装されたのを契機に、バッジシステムで使用されていたASD(Air Situation Display)コンソ-ルを本館常設展示場の航空ゾ-ンに展示しました。タイトルは「空の見張り番」です。



科学ゾ-ンの「あなたも管制官」と「なぜなぜ世界飛行Q&A」の隣に展示されたASDコンソ-ル

このバッジシステムは航空自衛隊のレ-ダ-基地・早期警戒機・要撃機・地対空ミサイルを総合的に運用する防空指揮管制システムのネットワ-クをいいます。いわゆる防空の4段階、発見・識別・要撃・撃破の全ての段階において使用され、我が国の防空にはなくてはならないもので、このASDコンソ-ルを用い運用されておりました。



このASDコンソ-ルは、要撃機の緊急発進(SCRAMBLE)指令や、その緊急発進指令で飛び立った要撃機の誘導管制にも使用されておりました。

同展示場において、「SCRAMBLE~国籍不明機を要撃せよ~」(バンダイビジュアル株式会社製作)を近々、放映開始します。これには緊急発進する最新鋭戦闘機F-2Aやそれを誘導管制する防空指令所内の風景などが(ASDコンソ-ルも)登場します。                                                                      


                                                                    航空自衛隊では年間を通じて、昼夜の別なく常続不断の警戒監視により、航空警戒管制部隊と要撃機部隊と高射運用部隊が三位一体となり我が国の防空の任務に就いております。
        




  


Posted by ホッキガイ at 13:38Comments(0)

2010年06月22日

巨大人肉食花???

みなさんこんにちはface02
この前の雷icon05と雨icon03・・・・
すごかったですねface18icon10

暑くなったり寒くなったり体調不良者続出している今日この頃icon11いかがお過ごしでしょうか?

さてそんな中、科学館で大変なことが・・・!
現地の調査員からの写真です!!



大変ですface18

そしてもう一枚↓



あのジュラシックパークに花が!!花がsakura

恐竜が~~~~ムンク

花の命は短いですよface03
咲いているうちに見に来てくださいface13


そして短いつながり?ホタルも夏の間だけ?


今月の27日のイベント「ホタルの光を手の中に」icon22
ホタルの光をバイオの力で人口的に作りだす実験です。
そして何と、講師には
icon16東京大学院新領域新領域創成課科学研究科博士課程
→野村真未さん拍手
(株式会社リバネスサイエンスコミュニケーター)

icon16東京工業大学大学院生命理学高額研究課修了
→藤田大悟さん拍手

すごい方々が科学館に来てくださいますicon14
この機会をお見逃しなく!




それでは私はこの辺で・・・非常口  


Posted by ホッキガイ at 18:00Comments(0)

2010年06月07日

高橋みのる氏「からくり貯金箱工作」大好評!

昨日、三沢航空科学館でTVチャンピオン「親子で遊ぼう木のおもちゃ職人選手権」で優勝した経験も持つ
高橋みのる氏にきてもらい「からくり貯金箱」の工作教室が開催されました金貨

写真が高橋みのる氏

高橋みのる氏の工作教室は毎回あっとゆう間に受付が満員となる程の人気ですface08



皆さん創意工夫して様々なオリジナルの木で動く貯金箱を作っておりました。

これぞ「ものづくり」の原点ですねぇ・・・face15



  


Posted by ホッキガイ at 12:28Comments(0)イベント

2010年06月06日

株式会社タミヤの代表取締役会長田宮俊作氏来館

5日午後プラモデルのタミヤから田宮会長が来館されました。train_e02
6日に青森市さくらの百貨店で開催されたAFV会(戦車会)等主催の「東北地区戦車のジオラマ」を視察する途次来館されたものです。大柳館長の出迎えを受けた後「ライトフライヤ-」と「零戦」を見学し、館長が製作寄贈した航空機模型icon20約600機と箱絵が展示されているエアコリド-ギャラリ-をつぶさに見て回られました。
大柳館長とエアコリド-ギャラリ-はタミヤの社内報(毎月発行されている)に掲載が予定されております。拍手



 館入口のミス・ビ-ドル号モニュメントの前で記念撮影する 左:大柳館長 右:田宮会長

株式会社タミヤは、1946年創業の模型のトップブランドとして、日本のみならず世界の数多くのファンに親しまれています。
「もの作りの原点はプラモデル作りから」を合い言葉に、プラモデルを作り、豊かな時間を過ごしましょう。
  


Posted by ホッキガイ at 16:26Comments(0)