スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年08月26日

2010年三沢基地航空祭シャトルバス運行

2010年三沢基地航空祭に今年も三沢航空科学館からシャトルバスを運行します。
三沢航空科学館の入館者に限りシャトルバスにて航空祭会場まで送迎します。
航空科学館のバスは狙い目!」との意見も聞かれる様になり、今年は昨年同様
より多くの方に来てもらいたいと思います。
  


Posted by ホッキガイ at 09:01Comments(0)イベント

2010年08月14日

十和田湖の旧陸軍双発高等練習機が67年振りに発見される

プログを見ておられる皆様も、もう既に新聞・テレビ等で存知上げていると思いますが、7月13日から東大生産技術研究所と計測技術開発会社「ウインディ-ネットワ-ク」が合同で行った十和田湖低の地形調査で偶然にもソナ-に飛行機らしきものが写り、水中カメラで確認したところ飛行機だったというもの。この飛行機は、戦時中の1943年(昭和18年)9月27日に、秋田県能代飛行場から八戸市に向かっていた軍用機「陸軍一式双発高等練習」(キ-54)(所属:第38独立飛行隊、昭和20年7月26日、飛行第38戦隊を改編。100式司偵装備の偵察隊で、帯広を基地として北東方面の哨戒にあたった。マ-クは戦隊時代のままで、八が3つで三八を示した。)(4名搭乗:少年飛行兵出身3名、整備員1名)であった。(写真、今回撮影されたのと同型機)



実は、当館の大柳繁造館長が著書を執筆中、陸軍少年飛行兵の歴史を纏めた「少年飛行史」の中にある約4,500名の戦没者の中に、死亡場所が「十和田湖」と記載されいたことから調査したところ、その軍用機が乗員3名と沈んでいることを突き止め、その詳細を著書「青森県航空史~ヒコ-キグラフィティ~」に掲載している。また、平成20年春に、十和田湖増殖漁業協同組合小林組合長にお願いし、事故当時、近くで漁をして乗員一名を救助した金村末吉さん(昭和19年10月招集され戦死)の息子さん金村春治(はるじ)さん(当時12歳)(現在民宿、春山荘を経営)にお会いし、父親から話して聞かされたとする当時の状況について取材している。更に今年の春、実際に目撃としたとされる当時10歳だった十和田湖休屋在住で現在民宿を経営している川村藤一郎(といちろう)さんを当館引地渉外広報課長と十和田市のタウン情報誌「夢追人」の小笠原カオル編集長が合同で取材している。(下の新聞記事は地元紙に掲載された川村藤一郎さん)



その他の目撃者の証言(ここでは省略)をも加味し、私たちなりに不時着地点(水没地点)をチェックしており、水中ビデオカメラを準備し、確認を計画している矢先の今回の発見となったものである。
(写真ウインディ-ネットワ-ク提供)(十和田湖で写真撮影された陸軍一式双発高等練習機(キ-54))



今回の写真撮影は勿論、大変嬉しいのですが、地元として私たちが最初に成し得なかったことに無念ともいえる一抹の淋しさも感じております。それはそれとして、任務飛行中に国のために尊い命を亡くされた搭乗員の皆様に心から哀悼の誠を捧げます。一日も早い引き揚げを心から願っております。  


Posted by ホッキガイ at 16:27Comments(0)

2010年08月12日

生きるということ

ここ数日、命について考えさせられる事が多かったんです。
18年共に生活してきた犬が亡くなったり、明日からはマルチメディアAVホール「はだしのゲン」が上映されるし、それに加えて...。


先日のブログでご紹介させていただいたスピルリナですが、
8/9(月)午後3時頃、死亡が確認(DICライフテック株式会社様により)されました。



7/28(水)の展示から、わずか12日という短い命でした。
しかし、死してなお、酸素濃度を上げ続けるその姿は、義経を守り続け、無数の矢を受けながら、立ったまま絶命した、武蔵坊弁慶の如き、頑然かつ崇高な死に体でございました。
設備管理のOさんは夜間点検の際、
「おやっさん・・・消えたよ・・・まっ白に・・・消えつきた・・・まっ白な水に・・・」
という呟きを、ゴボゴボとしつこいくらい聞いたとか、まぁ聞かないとか...。

というわけで、先述のDICライフテック株式会社様に新たな種藻体をお送りいただき、培養を開始したところ、もうこのボーイズったら、超元気!!!

前回は展示期間中、酸素濃度は26.5%までしか上がりませんでしたが、今回のボーイズ、このしゃかりきボーイズったら、半日でこれ!!!↓



100って!100%って!酸素濃度100%ですよ!!!半日で!
だって色が違うもん。前回は中の蛍光灯がくっきり見えるくらい薄い緑だったけど、今回は深緑渦巻く神秘の「樹海」!!!

このまま順調に培養が進んだなら、栄養満点との事なので、是非食してみたいと思います。
なんならもっと展開して、スピルリナレシピを公開するとか、
発毛効果も期待できるようなので、当館スタッフでモニターを募り、経過をリポートしながら、
効果が出た暁には、
いよいよ発売!「スピルリナ for MEN」!!!なんて展開、あるやも、ないやも...。

  


Posted by ホッキガイ at 17:53Comments(0)イベント

2010年08月12日

科学館にサワレンジャー登場っ★

icon12みなさ~ん、こんにちは~~face13

本日ブログ担当エスで~すデビル

あっという間にお盆がきますね・・・face07
海・・行ってない・・・icon15
花火花火・・・やってない・・・大泣きicon10
夏が終わってしまう・・・ムンクやだやだっicon10

ちょっとダダこねてみましたface07

そんな私の心の声とは裏腹に、何と先日科学館に三沢市のヒーロー↓
サワレンジャーがやってきました拍手icon12



子供たちは突然のヒーローの登場にびっくりしてましたface08icon12

かぶりもの大好きな私は、こそこそとヒーローに近づき・・・へっへっへデビルデビルデビル
ということはしませんが、かぶってみたいな~と念を送りつつ写真撮影icon16


なぜにサワレンジャーが!?と、お思いの方!!!

12月4日に東北新幹線が全線開業するのはご存じですよね?
今盛んにPRしてますもんねface03icon14
それに伴いABAさんは5月から

「ようこそ青森へ!おもてなしキャンペーン」

を展開していて、
この取材もそのキャンペーンに付随しているのです。

放送日は、

8月26日(木) 15:00~15:30

番組名 「特命!おもてなし課長 特番」

三沢市のヒーローを科学館に呼んで科学館の紹介icon14icon14

すばらしい~~~~~icon12

ヒーローものはやはり良いっface05

しか~~~~し、航空科学館にも何と科学館のキャラが存在します。

科学マンと、科学好き?なワル(しかしほんとはいい人?)のノットラーデビル

今は科学マンは故郷の星に帰っているようですが、ノットラーは姿を変え
科学館に潜んでいるという情報をききました。

実は、サワレンジャーVSノットラーは一度対決してるんですよdate
あの戦いは実にすばらしかったface13

また対決してもらいたいものです親指
そしてその時はぜひ私も参加したいっface03


ではでは、長々となりましたが、この辺でお別れしたいと思いますicon11
それではごきげんようface02

とうっicon16

今夜はペルセウス座流星群が見れるよicon14
天体のことも三沢航空科学館におまかせ音符

  


Posted by ホッキガイ at 09:31Comments(0)イベント

2010年08月08日

きてみてさわってあおもりの木

昨日より2日間、県産木材を広くアピールする事を目的に、ガレリアにて「きてみてさわってあおもりの木」イベントを行いました。

設営ブースをご紹介させていただきますと、
まずは太陽光発電システムと自転車発電システム&ペレットストーブを隣接展示。


どちらも自然エネルギーによる地球温暖化対策商品とあって、大人の関心度No.1ブースとなりました。

詳細は下記、株式会社高橋様のHPまで。
http://www.kabutaka.jp/

そのお隣には、県産スギエコプロジェクトブース。
こちらでは、あおもり県産材エコポイント案内パネルの展示と、上北地域県民局地域農林水産部の方々によるご説明が行われておりました。



皆様、夢のマイホームをお得に建てられるチャンスかも!
詳細は下記にて
http://www.aomori-ninsyou.jp/ecopoint/ecopoint-3.html

チビッ子たちで賑わいを見せていたのが、各種体験ブース。




かんな掛けや、すのこ、ガーデニング用の囲いなどの木工工作は、貴重な経験となった事でしょう。
なかでもスギ製の竹馬、その名も「スギ竹馬」はすぐ完売になってしまうほどの大人気。








あちらこちらで「スギ竹馬愚連隊」が暴れまわっておりました。







そんななか、今回のメインイベント、「上棟式デモンストレーション」の準備が青森県建築職人会さんの手によって、着々と進められておりました。





実際にスギで柱、棟、梁などの基本構造を組み上げ、古くから伝わる、建物の無事を願う儀式、「上棟式」をやってしまおうというもので、
最後に撒かれるお菓子や飴をGETしようと、ガレリアはチビッ子で大賑わい。



棟より大きな放物線を描き放たれたお菓子に大興奮。



このイベントが、環境保護と青森県産材活用を考える機会のひとつになれば幸いです。




合言葉は「決め手は青森県産材!」



  


Posted by ホッキガイ at 18:29Comments(0)イベント

2010年08月05日

新幹線開通!!

みなさんこんにちはkuma

本日ブログ担当の・・・ ですデビル

今日も夏らしい暑さですね~(^^ゞ
バーベキューしたいですね~~beer
おでかけもしたいですね~~bus

はっface08icon12そういえば、先日三沢航空科学館に新幹線がきたんです(ミニface05train_a01train_a02train_a03

県民共済のご協力のもと今回も新幹線がきてくれましたbus

私も乗りたいと思い、そしてなおかつ記念写真icon22を撮りたい!!
(あくまでブログ用の記録写真・・・ですよ( 一一)
と思い・・・隙をみて乗り込もうと思ったのですが・・・無念icon15

そんな私が撮った写真をご覧ください↓





いや~なんて楽しそうなんでしょicon12

そしてこんなアングルでも撮ってみましたcamera





次回は乗車写真をみなさまにお届けしたいと思いますface13

それでは、私はこのへんで・・・icon16icon16icon16

イベントたくさん三沢航空科学館!  


Posted by ホッキガイ at 11:44Comments(0)イベント

2010年08月01日

ゲリライベント敢行!

昨日、ディスカヴァリーランドにて開催中の「電気の道」展示ブースにて、「沸騰水型原子炉」をペーパーでクラフトするイベントを、告知一切無しで、ゲリラ的に敢行致しました!

事前にスタッフで作ってみて発覚したのですが、このペーパークラフト、実は難易度が非常に高く、参加者の集中力が果たして続くのか?と開催前は少々不安でした。



ところが、いざ開催してみるとどうでしょう、我も我もの大盛況となりました。


正直、「誘い水」として用意した水風船の「引き」が強かったのも事実なのですが...。


最初はその難易度に戸惑い気味だったチビッ子たちも、ひとり完成させてしまうと、

負けず嫌いの血が騒いだのか、驚異的な集中力を発揮し、山のような数の原子力発電所が出来ました。


いやはや、壮観です。

今回の成功に気を良くした我々ゲリラ部隊は、またいつか、科学館のどこかに出没するかも知れません。

お楽しみに!

  


Posted by ホッキガイ at 16:02Comments(0)イベント

2010年08月01日

8BINGO! スタンプラリー!!


本日のブログ担当、Aです非常口
(本日はすでにほかのメンバーもブログUPしておりますが...↓


本日、8月1日(日)から2011年1月31日(月)まで『県立・県営8施設合同企画事業』として、
『8BINGO! スタンプラリー!!』を開催します!



もちろん、三沢航空科学館も参加しているので、ココスタンプげっと○できます拍手拍手拍手

参加用紙はこちらです↓


詳しくは、ポスターに記載されているホームページや、各施設ホームページにアクセスpc02してみてください!

さあ~みなさんも、この夏休みの期間に、県内8施設!!! 制覇してみてはいかがでしょうicon17


...ポスター・参加用紙をデザインしたのは、ナニをかくそうこのAなのですicon22。(←コレをいいたいがためにブログを書いたのはいうまでもありませんicon11

まずは、この用紙を手にとって...icon12
青森県立三沢航空科学館からスタートで~~~すicon01

  


Posted by ホッキガイ at 15:59Comments(0)

2010年08月01日

スピルリナ?酸素発生装置が来た-!

スピルリナとは?

スピルリナ(Spirulina)は、
地球上に最初に出現した動物 or 植物?

約30億年前に地球上に最初に出現した生物がスピルリナなどの藍藻類。スピルリナはそれ以来進化せず生き延びてきた原始的で、非常に生命力の強い生物です。
スピルリナは植物と動物に分化する以前に誕生し、動・植物両方の特徴を併せ持つ非常に珍しい生物だそうです。

ではなんで科学館で展示しているのか?

食べると体に良いらしいのですが、光合成の力がものすごく強い事からJAXA(宇宙航空研究開発機構)ではこれを応用した酸素発生装置を開発して酸素を作りだす必要のある宇宙ステーション等で活用できる様に研究を行っているところです。

今回はご縁があってDICライフテック様より展示協力を頂きました。

この機会にぜひ皆様、展示装置を見に来て下さいね。
  


Posted by ホッキガイ at 10:31Comments(0)イベント