2019年01月26日

零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!

零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


2010年3月から「日本の航空100年」に呼応して、「零戦がやって来た!」展で旧日本海軍の零戦(三菱零式艦上戦闘機)の原寸大52型のレプリカを展示しました。その後訳あって2012年現在の21型に替え現在に至っておりますが、この度その来場者が1月20日で、めでたく30万人の大台に到達しました。これも偏に零戦が大好きで見に来ていただいた皆様一人一人のお陰と心より感謝致しております。拍手拍手拍手
この日、栄えある30万人目の来場者となったのは、平川市柏木町在住の田原宏一さんご一家、長男 響人(ひびと)くん 5歳(平川中央こども園の年中さん)、入場と同時に零戦展示を担当する引地広報Mgから30万人目を告げられた田原家の皆さんは、信じられないといった様子で大柳館長から記念の、花束、零戦プラモデル、零戦関連の本、ブル-インパルスのプロフィットモデル、飛行機の絵柄がプリントされた地元の名物煎餅が記念品として贈呈されました。

零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


~記念品を手に大喜びの響人くんと、妹の愛来(あいら)ちゃん 3歳~
響人くんは新聞のインタビューに「飛行機が大好き。大きくなったら(航空自衛隊の)ブル-インバルスに乗りたい。」と話していました。
これまでこの零戦展は、概ね5万人毎の節目に今回の様な記念行事を行って来ましたが、それに当たるのは何故か県外の方ばかり、今回30万人大台達成で初めて県内の方となりました。田原さんご一家はこの日、父親の宏一さんが陸上自衛官で仙台に単身赴任中のところ帰宅していて、飛行機好きの響人くんのリクエストで来館していたのだそうです。何はともあれ響人くんおめでとうございます。

<在りし日の零戦説明風景>
零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!



<展示中の零戦21型は映画撮影用のレプリカですが、作る人の魂が注ぎ込まれた力作で一見の価値ありです。>
零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


~零戦はどの角度から見てもバランス感覚の優れた均整のとれた機体です。!!雷
零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


当館では35万、40万を目指して皆様を飽きさせない様な展示と説明に心掛けますので引き続きのご来場をお待ち申し上げております。

◆最後に実物零戦52型の編隊飛行(トレル隊形)の写真を掲載し締めくくりとさせていただきます。◆
<この写真は飛行可能な現存零戦の3機編隊を航空写真家の藤森篤氏が空撮した大変貴重なものです。>
零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!


~夕日を受けて飛行する零戦21型~

零戦は当時の日本の高度な航空技術を象徴するものであり、日中戦争から太平洋戦争の終結まで一国の運命を担い飛び続けたのもまた事実であったと思います。
それでは皆様どうもありがとうございました。



Posted by ホッキガイ at 15:47│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
零戦展示来場者30万人の偉業を達成!!
    コメント(0)