2017年06月01日

「春の山野草と盆栽展」愛好者で賑わう!!

青森県立三沢航空科学館(大柳館長)で毎年この時期恒例の「春の山野草と盆栽展」が5月10日から14日の5日間、同館の特別展示室で開催され、期間中828名の来場者で賑わいました。


この展示会は、山野草がおいらせ町の蛯名幸政さんと、盆栽が三沢市の磯谷良蔵さんが丹精込めて世話をしてきたものです。その中には貴重価値のレブンアツモリソウやウスユキソウの他九州に生息するミヤマキリシマを初めとして山野草54鉢と、推定樹齢70年と100年を超える「赤蝦夷松」の他盆栽90鉢の計144鉢が展示されました。


毎年このイベントを楽しみにしているリピ-タ-がおり、中には弘前市からの愛好者や米軍基地を擁する三沢市らしく、世界的な盆栽人気もあり外国の方も沢山見学においでくださいました。今年で10回目を数える本展示会、これからも幅広い年齢層に楽しんで貰えるものにしたいと思います。


来年も開催します。



Posted by ホッキガイ at 16:34│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「春の山野草と盆栽展」愛好者で賑わう!!
    コメント(0)