2017年06月04日

「堀越二郎バネル展」終了、期間中の入場者10,101名




~昭和11年5月江比間海岸にて~
スタジオジブリの宮崎駿監督作品「風立ちぬ」のモデルにもなった堀越二郎、その「堀越二郎バネル展」が昨年の11月1日から開催され、5月の連休終了後の14日、ロングランのイベントが無事終了しました。期間中の入場者は冬期の閑散期間にも関わらず、1万名を超えました。この堀越二郎展はかの有名な、旧海軍の零式艦上戦闘機(零戦)の設計者、三菱内燃機株式会社(後の三菱飛行機)の主任設計技師にスポットを当てたもので、期間中根強いファンが多く見学に訪れて頂まました。ここに改めてお礼を申し上げますと共に、堀越二郎氏の偉大さに敬服し、合わせて設計された零戦の魅力をも更に深く掘り下げることが出来のではないかと思っております。それでは以下見学風景をご覧ください。




~説明風景~



Posted by ホッキガイ at 17:21│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「堀越二郎バネル展」終了、期間中の入場者10,101名
    コメント(0)